※ 動画は、ワークショップでガラ紡を作っているトレアさん(右・姉)とトラさん(左・妹)姉妹です。

今年の5月3日から8日まで、愛知県豊橋市の「ほの国百貨店」で行われる催事に出店させていただきます(^^)。村から出たことがない姉妹にとっては、日本に行き、そこでお客様に対面販売するということがうまく飲み込めていません。無理からぬことですね(^^;)。

テレビ東京さんと中京テレビさんのロケで姉妹にインタビューしたディレクターさんから内容を聞いて初めて知ったのですが、本当に複雑な生育歴みたいです。孤児ということしか僕は知らなかったし「過去は変えられないけど未来は自分で作り出せるから一生懸命やんなさい。チャンスは必ずやってくる」としか伝えていませんでした。

ヴィサル君に「姉妹には何があったの?」とたずねたら、「言葉にできないし、言葉にしたくもない」と言われたので、そのままにしておきました。僕は、スタッフの過去やプライバシーには、一切立ち入らないようにしているからです。

ビザ申請にあたって調べたところ、姉妹には戸籍がありませんでした(^^;)パスポートの取得は、カンボジアの役所なのでなんとかなりました。パスポートに記載された苗字は、姉妹で異なっていました。緊急連絡先はマネージャーのヴィサル君の名前になっていました。姉妹には、信頼できる身寄りがいないようです。

放置国家のカンボジアの役所と異なり、法治国家の日本の役所は当然そうあるべきですが法の支配は厳格です。姉妹の出生から現在に至るたくさんの資料を作りました。姉妹の身元保証人となる僕の住民票など公的証明書を何枚も取得しました。

本日、プノンペンの日本大使館にビザ申請してきます(^^)/ いよいよ世界最悪の地雷原があるバッタンバンで栽培された綿を使って農村の若者が自分たちで製品を作り、先進国日本の百貨店で販売するステージにまで這い上がってきました。これからが勝負です。

みんな、がんばれ、がんばれ!


https://www.facebook.com/CambodiaCottonClub/videos/1444616795602090/